じぶんの、家庭の、組織団体のマネジメントに役立つ最新情報、身近な豆知識をシェアしています

GNH358

イノベーション

農業法人株式会社D&Tファーム:食糧危機を救う!?“凍結解凍覚醒法”

更新日:

植物の常識を破り、植物の栽培可能地域を塗り替える夢の技術が、凍結解凍覚醒法

D&Tファームは、田中節三氏が作出した耐寒性作物の
営農向け販売・導入支援・拡販支援を行う農業法人。

企業理念は、「耐寒性植物で日本の農業を元気にします」

D&Tファームでは、日本の食の安全を守りたい、日本の農業を元気にしたいという栽培事業者を、日本全国から募集しています。

凍結解凍覚醒法とは

農業を、変えよう。

植物には、それぞれ生存に適した気候があるとされ、人類は各地の気候や風土にあった植物を、ヒトの役に立つ「作物」として栽培し、食糧や資材として活用してきました。
食糧の生産はいわゆる「農業」と呼ばれる産業として確立されるなか、あらゆる効率化が進められてきましたが、気候を大幅に克服する技術には限界があるとされてきました。

その常識を破り、例えば熱帯植物の育成・栽培が温帯の日本国内で効率的かつ安全に可能となれば、植物を生産する産業=農業は大きく変わります。

我々は、氷河期を乗り越え、世代を繋いだ植物のチカラに着目。
植物の種子や細胞に、独自の凍結工程・解凍工程で氷河期を体感させ、順応性を最大限に覚醒させる事に成功いたしました。
植物の栽培可能地域を塗り替える夢の技術。それが、凍結解凍覚醒法です。

凍結解凍覚醒法がもたらすもの

凍結解凍覚醒法を用いれば、主に暖かい国から輸入されている作物を国産化する事が可能となり、この技術は「農業の復興」と「国民の健康増進」に大いに寄与することができると考えております。
戦前に食料自給率を高い水準で保っていた我が国日本は、数十年の間に食糧輸入国となり、日本の農業は衰退の一途を辿ってきました。

いま、日本の農業を復興させることは、「耕作放棄地の有効活用」「地方雇用の創出」「食糧自給率の改善」「貿易赤字の解消」などの経済的効果の他にも、輸入作物で問題となっている「遺伝子組み換え」や「ポストハーベスト」による健康リスクを改善する事にも繋がります。

出典:農業法人株式会社D&Tファーム

第13回ニッポン新事業創出大賞 アントレプレナー部門 最優秀賞受賞

D&Tファームは、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会主催の、第13回ニッポン新事業創出大賞にて、アントレプレナー部門 最優秀賞を受賞しました。
第13回ニッポン新事業創出大賞

現在の作物ラインナップ

<現在の作物ラインナップ>
□耐寒性パパイヤ(野菜種・フルーツ種)
□耐寒性バナナ

<追加予定の作物ラインナップ>
□耐寒性グァバ
□耐寒性マンゴー
□耐寒性パイナップル
□耐寒性ライチ

おかやま県産 MONGEE BANANA®(もんげーバナナ®)

グロスミッチェル種特有の香りと高糖度ともっちりとした食感、無農薬栽培で皮まで食べられるもんげーバナナ。

天満屋岡山本店 地下1階の「おかやま産直市場」にて、岡山県内で収穫された耐寒性バナナ果実の販売が開始されました。

農業法人株式会社D&Tファーム:植物品種改良技術「凍結解凍覚醒法」

出典:農業法人株式会社D&Tファーム
初稿:2018年10月18日
最新更新:2018年11月13日

-イノベーション

Copyright© GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.