じぶんの、家庭の、組織団体のマネジメントに役立つ最新情報、身近な豆知識をシェアしています

GNH358

世界で最も健康的な食べ物50 健康・食事豆知識

豆:健康・食事豆知識 世界で最も健康的な食べ物50 23位

更新日:

豆の豆知識:豆の種類・栄養・煎り豆の栄養・こだわりの逸品

【学者が選ぶ  世界で最も健康的な食べ物50】23位豆
※出典は巻末に記載

豆といったら、何を思い浮かべますか?
あなたに身近な豆は、どんな豆ですか?

食用に利用される大豆・インゲン豆・ヒヨコ豆・小豆(アズキ)・落花生(ラッカセイ)など
豆は良質な食料資源です。

ただし、同じく豆と呼ばれている、
コーヒー豆とカカオ豆は、マメ科ではありません。

豆の豆知識が、じぶんの健康+みんなの健康、健康的な食事を見直すことにつながると良いですね。

世界で最も健康的な食べ物50 23位:豆

豆の種類

世界100ヶ国以上で栽培されていて食用の豆で、
最大の生産量を誇るのは、インゲン豆です。

メキシコで紀元前4000年頃のものが見つかっていて、
原産地はメソアメリカ(メキシコ、中央アメリカ北西部)とされています。

日本では大豆の原種といわれるつる豆を利用していた痕跡が
出土しています。

これも時代は紀元前4000年頃(縄文時代後期)ですね。

大豆の原産は中国で、
約2000年前(弥生時代初期)に伝来したと考えられていますが、
気になる味噌や醤油の製造法は、奈良時代になってから伝わりました。

大豆は“大いなる豆”。
豆の中でも種類・使われ方が豆の中でも一番なのが名前の由来といわれています。

味噌・醤油・豆腐・納豆など、身近な調味料や食材として日本の食生活には欠かせません。

数百種類あるとされる大豆は、
大粒種・中粒種・小粒種に分けられます。

色では、大豆イコール黄色のイメージが強いですが、黄色・白・黒・緑色があります。
黒豆は、おせち料理の定番ですね。

 

参考:
健康・食事豆知識:日本の伝統食・発酵食品、麹漬けの原点・三五八漬け

豆の栄養

豆はマメ科に属する植物の種子のことなんですが、

インゲンマメ属(金時豆、大福豆、うずら豆)、エンドウ属、
ササゲ属(小豆)、ソラマメ属、ダイズ属、ヒヨコマメ属などなど、
種類は豊富。

栄養価が高いため、主食の穀類やイモ類に次ぐ、
世界各民族の(動物にとっても)重要な食料となっています。

炭水化物(糖質)、たんぱく質、ビタミンB群、葉酸、各種ミネラル、カルシウム、
リン、マグネシウム、カリウム、ナトリウム等の栄養素をバランスよく含んでいます。

食物繊維、ポリフェノール、大豆イソブラボン等の機能性成分も豊富で、
毎日の健康づくりに役立つ優れた食品といわれています。

※豆の種類や品種によって、含まれている成分が異なります。

 

煎り豆の栄養

煎り豆は、大豆を煎ったもの。

たんぱく質が高い割合を占めています。

そのほか、鉄分・カルシウム・マグネシウム・ビタミンも多く、
カラダに有用な成分が多く含まれています。

大豆レシチンはコレステロールを下げる効果に期待されています。

また、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソブラボンも
多く含まれています。

煎り豆は、茹で大豆と比べて乾燥している状態なので、
栄養価も凝縮されています。

 

豆:こだわりの逸品通販・お試し

健康的な食事セレクトショップ通販 こだわりの逸品

■越後長岡産大豆4種の煎り豆食べ比べ

①長岡肴豆=新潟県長岡市周辺でしか栽培されていない在来種の青大豆。
②ミヤギシロメ=「大豆の中でもワンランク上」と高い評価をされている品種。
③さといらず=砂糖がいらないほど甘みが強い新潟県在来種の青大豆。
④あやこがね=糖質が多く脂肪分が少ないのが特徴。

お試しに!煎り豆 味比べセット4種類【4袋セット】(各種1袋)
煎り豆 味比べセット4種類【8袋セット】(各種2袋)
出典:2012年6月29日「The Healthy Living Editors of The Huffington Post」
Healthy Food:50 Of The Best In The World 

-世界で最も健康的な食べ物50, 健康・食事豆知識
-,

Copyright© GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.