じぶんの、家庭の、組織団体のマネジメントに役立つ最新情報、身近な豆知識をシェアしています

GNH358

福祉用具

ウォッシュONE 新介護ロボット:福祉用具豆知識

更新日:

ウォッシュONE:新介護ロボット 自動排泄処理装置

自動排泄処理装置『ウォッシュONE』 今年度中に、福祉用具販売・貸与開始予定。

これからの介護現場が変わります。
清潔快適。
家族であっても気を使う、夜中のおむつ替えを無くせます。

公益財団法人テクノエイド協会認定品です。

ウォッシュONEで不安の解消

介護する人の悩み

*排泄処理やおむつ交換が大変
*夜中に起こされる
*ニオイやヨゴレが気になる
*自分の時間がなくなる
*精神的にツライ
*悪いと思うが面倒になる

介護される人の悩み

*介護する人に申し訳ない
*自分で排泄処理が出来ない
*おむつ交換などシモの世話はかけたくない
*生きる自信が持てない
*排泄物のニオイなどが気になる
*頼み事が言いずらい

ウォッシュONEの特徴:排泄を瞬時に感知し、瞬時処理するシャワートイレ方式

自動吸引⇒温水⇒自動洗浄⇒温風⇒自動乾燥の新介護ロボット

①自動処理なので、夜間のおむつ交換をしなくて済むようになります。
②専用の紙おむつが必要無いので、おむつ代・処理費用が安くなります。
=カップユニット:特許=
③便や尿が出た時、センサーが瞬時に感知して処理を開始するので、漏れの心配がありません。
④専用設計のおむつ部分も、皮膚にやさしい専用素材になっています。
⑤1日使用しても、電気代は約15円程度です。
⑥介護保険が使用できるため、1ヶ月約4,000円程度です。
※費用は概算です。詳しくは販売・貸与開始の際に公表されます。

清潔快適

介護する方が直接排泄物に触れることなく処理できます

負担軽減

時間的・精神的にも余裕を持って介護ができます

自立支援

要介護のレベルに応じて手動操作も可能です

迅速的確

自動感知センサーで、排泄の違いも瞬時に判断します

 

ウォッシュONEはこんな製品

ウォッシュONEならカンタン準備、後処理も手間いらず

【準備】給水タンクに水を入れてコンセントに接続してスイッチON!!

①給水タンクに注水する
②2つのユニットを固定する
③カップユニットを装着する
④自動運転を開始する

【後処理】汚物タンクを取り出してキャップを外して便器に捨てるだけ!!

①ランプが転倒する
②タンクを取り外す
③すすぎ荒いをする
④給水タンクに注水する

 

ウォッシュONEと2025年問題対策

総務省統計局によると、

2017年9月15日現在の日本の高齢化率(65歳以上)は 過去最高の27.7%に達しました。

2014年にはじめて総人口に占める高齢者の割合が25.0%を超え、
「4人に1人以上が高齢者の時代」が到来しました。

昨年2017年はその状態を継続しただけでなく、数字をさらに上乗せ、
4人に一人超がお年寄りという時代です。

世界でも類をみないほどの超高齢社会。

日本の高齢者人口の割合は、欧米諸国などと比べてももっとも高く、
日本の27.7%に対し、イタリア23.0%、ドイツ21.5%、フランス19.7%という数値です。

「2025年問題」

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、
国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、
人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」
(政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏による)

「介護施設不足」「介護職員不足」「介護疲れ」
「老老介護」「老労看護」などの解消に向けて
新介護ロボット/自動排泄処理装置『ロボウォッシュ』の期待が高まります。

ただ今、発売開始に向けて代理店募集期間中です。お問い合わせは、GNH358オフィスで承ります。
gnh.corporation358@gmail.com

介護・排泄ケア:参考動画

●クローズアップ現代ショート動画

http://movie-s.nhk.or.jp/player.php?v=g88b4jf8&wmode=transparent&r=true

 

-福祉用具
-,

Copyright© GNH358 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.